FC2ブログ
日 時:2019年7月13日(土)13:30~17:00
会 場:同志社大学 今出川キャンパス良心館RY408
〒602-8580 京都市上京区今出川通烏丸東入
https://www.doshisha.ac.jp/information/campus/imadegawa/imadegawa.html

テーマ:ジェントリフィケーション/リノベーション
趣 旨: 50年以上も前にロンドンで見出された「ジェントリフィケーション」は,そこに何かしらの緊張関係や葛藤を見るためか,様々な論争を含み込み,新たな関心を引き起こしてきたようにみえる。その原動力は,もしかすると街区や建物の変化を「リノベーション」と表現した時に生まれる温度差にあるのかもしれない。いずれにしても,偶然にもジェントリフィケーションをキーワードの一つとして研究に取り組む報告者と巡り会うことができた。しかも,京都,ロンドン,ポートランドといった「認知度」の高い都市を素材とする報告者達である。「比較」のなかにセレンディピティーを期待するのは尚早すぎるのかもしれない。まずは幅広い視野を持って,ローカルな経験を学びたい。

報告者・題目:
■池田千恵子(大阪成蹊大学/大阪市立大学・特別研究員):町家ゲストハウスの増加の要因と地域に及ぼす影響-京都市におけるツーリズムジェントリフィケーション-
■松尾卓磨(大阪市立大学・院):メディアの言説と商業集積に着目した現代ロンドンのジェントリフィケーション研究
■長野 悠(明治大学・院):ジェントリフィケーションの主語を問う-米国オレゴン州ポートランド市カリー地区の市民団体の取り組みから見えて来たこと-

※報告終了後,ショート・エクスカーション(同志社大学の今出川回帰の影響)および懇親会を予定しています。

連絡先:鍬塚賢太郎(龍谷大学) kuwatsuka(at)biz.ryukoku.ac.jp
※お手数ですが(at)を@に置き換えてください。

2019.05.23  Comment:0
日時:2018年11月24日(土)10:30~12:00
※人文地理学会大会部会アワーとして開催

奈良大学L棟2階
(〒631-8502 奈良市山陵町1500)

テーマ:人の流動と都市圏

研究発表:ネットワーク科学・情報科学による人流解析の可能性  藤原直哉(東北大)

司会:桐村 喬(皇學館大)

趣旨:
都市圏における人の流動に関しては,従来パーソントリップ調査の結果データが活用されてきたが,より詳細な分析ができるように,パーソントリップデータを加工したものや,全く別の方法で収集されたデータも研究利用できるようになり,「人流データ」として活用が図られている。都市における人々の活動は複雑であるが,ネットワーク科学や情報科学などの分野で開発された手法によって人流データを解析することにより,これまで明らかではなかった法則性が明らかになりつつある。今回は,これらの分析手法により見えてくる,都市における複雑な動的構造について議論したい。

連絡先:桐村 喬(皇學館大) E-mail: t-kirimura[at]kogakkan-u.ac.jp

<報告要旨>

■ネットワーク科学・情報科学による人流解析の可能性
藤原直哉(東北大学大学院情報科学研究科)
近年,いわゆる「ビッグデータ」と呼ばれる,大規模かつ高精度なデータが利用可能となりつつある。このようなデータは,理工系の諸分野のみならず,これまでデータの精度等の問題により定量的解析が困難であった人文・社会科学において大きなインパクトがあると考えられる。
地理学においては様々なデータの分析が重要であるが,その中でも,人流は都市における人々の活動を反映したデータであり,その解析によって,居住地や勤務地などの人口分布のほか,通勤流動など動的な都市機能を明らかにすることができる。取得可能な人流データは,携帯電話の普及に伴ってこの10年ほどの間に大きく変化した。例えば,GPSデータによって得られる位置情報の経時変化によって個人レベルでの流動が得られる。また,通話履歴のデータからも,通話者が使用した基地局の情報を利用して位置情報を得ることができる。これらのデータは,利用者の分布にバイアスがある,プライバシーに十分配慮する必要がある,などの問題点がある。しかし,これらのデータから推定された人口分布や人口流動量などが国勢調査やパーソントリップ調査などのデータと強く相関することが知られている。さらに,災害時のような特別な状況下におけるデータもほぼリアルタイムに取ることが可能であるため,これらの状況でのデータ解析や最適な避難経路の提案など,従来のデータでは不可能であった新たな解析・応用の可能性を秘めている。
このような大規模なデータは極めて複雑な相関関係を含んでいるので,データ規模が大きくなるにつれて,その相関関係を明らかにするための新たな解析手法を開発する必要がある。本発表では,近年開発が進んでいる,ネットワーク科学や情報科学に基づく解析手法を,人流データなど地理学に関連したデータに対して適用した結果を報告し,特に地理学における示唆を議論した。
まず,複雑ネットワークの概観を解説した。ネットワーク(グラフ)は,ノード(バーテックス)およびノードを接続するリンク(エッジ)からなる系であり,数学や社会学などの分野において長い研究の歴史があるが,20世紀末に,スモールワールド性やスケールフリー性などの性質を多くのネットワークが共通して持つことが発見された。これらの性質を持つネットワークは複雑ネットワークと呼ばれ,非常に多くの研究が行われている。地理的な要素を含んだ系においても複雑ネットワークの研究は盛んにおこなわれている。本発表では,世界の航空網の旅客流動のネットワークと世界的な感染症拡大の空間的パターンとの関連や,電力網とインターネット網のような異種のネットワークの相互作用によって大規模停電が引き起こされる例を紹介した。
人流データのネットワーク解析の一例として,本発表では,人流データにネットワークコミュニティ分割(グラフクラスタリング)を適用した結果を報告した。対象となる地域をいくつかの小地域(圏域)に分割することはさまざまな分析・研究において重要であり,米国ではUnited States Metropolitan Statistical Areas,日本では都市雇用圏のように,各国でそれぞれ圏域構造の同定手法が提案されている。ここでは,ネットワーク科学と大規模な人流データを用いて,このような圏域構造を定義する手法を提案する。
解析の流れは以下のとおりである。まず,対象となる地域を,いくつかの小地域に分割する。分割単位には,日本であれば,地域メッシュなどを使用する。次に,人流データを用い,小地域間の流動数を計測する。GPSデータなどのようにトリップが定義されていないデータに対しては,前処理としてトリップを検出し,各トリップを集計する必要がある。
このようにして得られた小地域間の流動量を,重み付きネットワークとみなし,ネットワーク解析の手法を適用する。本発表では,Map Equationと呼ばれる手法を適用した。
その結果,様々なデータに共通して,空間的に連結したコミュニティ構造が得られた。構成法より明らかなように,このネットワークは地理的な距離の情報を陽には用いていない。それにも関わらず空間的に連結したコミュニティが得られたという結果は,交通機関が発達した現代においても人々の移動量が距離に依存していることを示唆している。都市内部においては,人流は十分に混合しており,コミュニティのような構造は検出されない可能性も考えられるが,データ解析の結果はそのような予想には反するものであった。圏域の境界は自治体の境界と一致する場合が多いが,一致しない場合も多数見受けられた。そのような状況では,境界において人流を制限する山や川などの地形的要素が存在しない場合が多い。
また,ジオタグ付きTwitterデータをtf-idfを用いて,時空間的な小領域において,その領域を特徴づける単語を抽出した。ジオタグ付きツイートデータは,位置情報から人流と関係するのみならず,つぶやいた内容から人々の活動に関する手掛かりを得ることができる。解析の結果,「京都」「金閣寺」「清水寺」など,季節に依存しない地域を特徴づける単語のほか,「桜」「祇園祭」など,該当する小領域および季節におけるイベントを示す単語も抽出された。この結果は,Twitterの解析を通じて人々の流動のみならず,各地域における季節的な活動を特徴づけられる可能性を示唆する。
以上のように,本発表では,ネットワーク科学や情報科学を用いた人々の流動と関連するデータ解析の手法について報告を行った。特に,大規模かつ要素が強い相関を持つデータの解析には新たな手法の開発が欠かせない点,また,これらの解析は地理学に対しても新たな知見を与える可能性がある点などを指摘した。検出されたコミュニティ構造は,様々な分野で応用可能であると考えられる。例えば,公衆衛生においては,コミュニティ構造は感染症の拡大対策などの政策を適用する地域的単位と考えることができる。近年発展が目覚ましい,深層学習などの機械学習手法の応用も重要であると考えている。地理学的に重要な問題へのこれらの手法の適用,および適用するデータの検討などの問題は今後の課題である。

■討論
Q:トリップデータをクラスタリングする際,個々のトリップを独立したものして扱う場合と,目的を持つ連続的なものとして扱う場合とがある。今回は個々のトリップを独立したものとして分析しているが,結果として,どこかに出かけた後の移動の回遊性がクラスタリングされている面があるように見受けられる。この点についてどう考えているか。
A:ご指摘の通り,人の流動には周期性があり,トリップ空間には相関がある。今回の手法はトリップ間に相関がないことを前提にしており,個人単位の流動を捉えきれていない。ただし,人の流動を介して感染症が運ばれるときなどには,今回の結果と近いことが起こっているであろう。また,長時間の相関を入れた手法が開発されており,その適用可能性を探るという方向性がある。加えて,ネットワークに時間の情報を入れることも可能である。その場合,同じ場所でも時間によって所属するコミュニティが異なるなどの結果が得られると予想される。
Q:人間関係のネットワークにおける地理的要素を考えると,多くの友人は地理的に近い距離にいるが,遠距離にも友人がいる。ネットワーク科学では,どのように定量化できるか。
A:友人数の分布を距離の関数として求めることで定量化可能で,距離とともに友人数は減少すると考えられる。しかし、遠距離の友人が存在することによって,スモールワールドネットワークのように小さな平均距離が実現されていると考えられる。
Q:地理学では交通網の発展などを検証する際にネットワーク分析が行われてきたが,地理学分野でのネットワーク研究はどのように理解しているか。
A:例えば,イギリスだとUniversity College Londonの研究グループが,複雑系の観点から地理的なシステムを精力的に研究を行っている。道路ネットワークの解析で,中心性指標が混雑や都市の発展の歴史と関連することが指摘されている。地理学でもネットワーク解析が古くから存在することは,ネットワーク的な視点の有用性を示唆していると考える。
Q:人の流動をもとに各地区をグループ化する作業をコミュニティ検出と呼んでいるが,ネットワークにもとづく地域区分などと表現すべきではないか。
A:今回用いた手法がネットワーク科学の分野でコミュニティ検出と呼ばれていることから,ここでもそのまま用いたが,社会的なコミュニティと同じ用語になっており,確かに紛らわしい。何か別の表現がないか,今後の検討課題としたい。
(参加者:18名,司会:桐村喬,記録:山神達也)
2018.10.29  Comment:0
日時:2018年6月12日(火)夕刻実施(18:00~20:00)
会場:大阪市立大学梅田サテライト文化交流センター大セミナー室
大阪市北区梅田1-2-2-600 大阪駅前第2ビル6階
*会場へのアクセスは,以下をご参照下さい。
https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/about/university/access#umeda

趣旨:物流・交通旅客流動と地域の結びつきについて近年でも精力的に論文を発表され,Journal of Transport Geography の Editor も務めるケヴィン・オコナー氏(メルボルン大学名誉教授)をお迎えし,ご講演いただきます。

テーマ:Air Transport and Urban Development in the Asia Pacific region

講演者:Kevin O’Connor(Professorial Fellow, University of Melbourne)

ABSTRACT: A well-developed array of research has shown that airports and air transport are fundamental influences upon current trends in urban development. Most analysis of the connections between these two influences have emphasised global city functions and rank as a key determinants on the outcomes for individual cities. This presentation explores the idea that the linkages within an intra-Asian context maybe a more important influence on change in the fortunes of Asian cities. It begins by identifying the scale and geography of intra-Asian linkages, as explored in previous research and as seen in recent trends in air transport. It then moves on to develop a research framework to analyse three elements of intra-Asian mobility: business, tourism and migration. It shows the emerging Asian geographies in these activities and how airlines (in particular low cost carriers) are reacting to these geographies. The presentation will conclude with an outline of possible research methodologies that could be used to describe and account for the part that intra-Asian linkages will play in economic outcomes in cities across the region.


Emeritus Professor Kevin O’Connor has a Master of Commerce from the University of Melbourne and a PhD from McMaster University Canada. He spent 25 years in the Department of Geography at Monash University before being appointed Professor of Urban Planning in the Faculty of Architecture, Building and Planning at the University of Melbourne in July 2003. He was appointed Emeritus Professor following retirement in 2008.

His research, funded by international and national research agencies, and published in major international journals, has explored the links between the economic system (particularly services) and the growth and internal structure of cities. A long term interest has been the influence of airline and airport activity on the economic role of metropolitan areas, with a recent focus on logistics services. He has explored those interests in global, Asia-Pacific and Australian contexts.

His reputation in international research on transportation was reflected in the invitation to give the Fleming Memorial Lecture in Transportation Geography at a meeting of the American Association of Geographers. He is the Associate Editor, Asia-Pacific, for the Journal of Transport Geography, and a member of the International Advisory Committee of the annual International Conference held by the Hong Kong Society for Transportation Studies. He has reviewed proposals for research bodies in the US, Canada, the EU, Qatar and Australia.

An Australian focus of his research was presented in a book outlining links between economic activity and cities in Australia entitled The New Economic Geography of Australia: A Society Dividing (Oxford University Press) published in 2001. This book received an award for Planning Scholarship from the Australian Planning Institute in 2002.

*講演者の研究業績は以下でご確認いただけます。
https://scholar.google.com.au/citations?user=iytB0JUAAAAJ&hl=en


通訳:講演は英語で行われますが,質問時には必要に応じて通訳がつきます。
ゲスト司会:堤 純(筑波大学),松本秀暢(神戸大学)

【お問い合わせ】
連絡先:山神達也(和歌山大)
E-mail: yamagami(at)center.wakayama-u.ac.jp
※お手数ですが(at)は@に置き換えてください.

<報告要旨>
■Air Transport and City Development: The Asia Pacific Experience
Kevin O’Connor (University of Melbourne)
The transport activities at an airport has long been acknowledged as a major influence upon the vitality of its surrounding city and regional economy. That perspective has played a part in the analysis of cities in the Asia Pacific region, with a particular focus upon the links to other global cities. The current presentation argues that to more accurately focus that analysis, attention needs to be focused upon links between cities within the Asia Pacific region itself. That idea is justified by the fact that 14 of the 20 busiest international inter-city air routes (and the 7 busiest) are between cities within the Asia-Pacific region.
Previous research has shown the importance of intra-Asian connections, especially in trade and foreign direct investment flows. That research exposed the fundamental links between the development of countries such as Japan and Korea on those in the south of the region, captured in what was called the “flying geese model”. That idea was enriched through case studies of firms locating branches across the region, and through fine scale analysis of trade and investment flows, especially once China became a major component of the region’s production system. Over the period of that research the regions’ air traffic grew steadily and there was some change in the relative importance of the airports of some cities.
The current analysis confirms the strength of the intra-Asian component of trade and investment flows identified in the earlier research, and then widens the scope to explore tourism and migration, which are both expected to have an important effect upon air transport activity. In these sectors intra-Asian connections are dominant. For example, though 50% of the trade of Asian nations is within the region, 70% of the tourism and migration movement is between Asian countries themselves.
Preliminary analysis of the nations involved in these linkages shows they correspond to the known concentrations of air travel. So for example connections between Japan, China and Korea are very prominent in air traffic data and tourism. The same correspondence can be detected in the air traffic links between South East Asian nations, which are also targets for FDI projects, tourism movement and also generate high levels of labour movements between countries. To some extent the current air traffic flows reflect changes in the organisation of the airline industry itself, especially the rise in the importance of Low Cost Carriers on a number of routes and in a number of countries.
Hence the role of an airport (or airports) in an Asian city is likely to be influenced in particular by its role in intra-Asian activity. To develop understanding in this area we have a research challenge to first, refine our description of the intra-Asian links in trade, tourism and migration and second, develop analytical tools to show precisely how these inter-city links influence airport activity in the region’s cities. One concern here is that much of the data on intra-Asian flows is recorded for nations, while the analysis needs to connect to air traffic data recorded for cities. This step may call for some innovative data collection approaches to produce data on city activity.
Addressing this challenge has the potential to contribute understanding not only to the geography and organisation of the region but also provide a firm foundation for public policy discussions on airport development and air transport management in what is now the world’s major air transport market.

■質疑応答と司会者所見
 アジア太平洋地域での航空交通の量的な拡大を具体的に取り上げた報告であり,報告者と参加者との間で約1時間にわたり熱心な質疑応答が行われた。質疑の内容は,1)航空ネットワークと都市システムとの関係,2)LCC(Low Cost Carrier)の成長と観光客の増大,3)航空旅客流動を説明するモデルやデータについて,の3点に整理できる。これらは相互に関連することから,ここでは上記3つの内容ごとに概要をまとめることで研究会の記録としたい。
 まず,1点目の航空ネットワークと都市システムとの関係について,航空交通の発達が都市の階層性を変化させることに関する質問があった。報告者はこのことに深い関心を持ち,航空ネットワークのハブになれなかった都市のランクが短期間で低下する可能性を指摘した。また,航空ネットワークを把握する指標についての質問もあった。国境を越えた航空ネットワークの発達は,多国籍企業による海外直接投資のフローと関連づけて説明されることが多かったからである。こうした側面は無視できないものの,報告者は主に中国の航空交通の量的な拡大を取り上げながら,アジア太平洋地域の都市システムの階層性に変化がみられること,それはビジネス客や貨物だけでなく,観光客の流動などからも検討すべきことを指摘した。
 これに対し,都市の経済的な機能から都市システムを理解するのであれば,観光客の流動を含めると,着地となる観光地のランクが過大に評価されることについて,疑問が呈された。これに関して報告者は,観光産業が経済的に重要な役割を担っていることに注意を促すとともに,中国を発地とする観光客がアジア太平洋地域の旅客流動に影響していることを重ねて指摘した。また,タイやインドネシアなどを事例に,国際移動だけでなくハブ空港の位置する各国の大都市から地方都市への国内移動も注視すべきことを指摘した。
 2点目のLCCの成長に関わる質問も複数あった。まず,LCCが世界的に成長している背景について,各国で進む規制緩和の重要性が指摘された。また,利用を制限されていた人々も航空交通の利用が可能になってきたことに注目すべきことを,インドと中東との間を行き来する建設労働者などの例を挙げながら説明した。このほか,JALなどのフルサービス型の航空会社と格安LCCという区分だけでなく,さらに格安な「ウルトラLCC」が登場し,LCC内でセグメント化が進んでいること,短距離フライトが中心であったLCCが長距離フライトを運航するようになっていること,競争が激化するなかLCC間での提携の動きなどについて質問があり,航空旅客の需要特性や航空会社の経営戦略にも議論が及んだ。
 3点目の航空旅客流動を捉える方法について,利用可能なデータにより,分析の結果や解釈が異なってくる点が指摘された。例えば,航空旅客流動を量的に把握する際は,運航される航空機の座席数とともに空席数も必要であるものの,後者のデータは入手が困難なことなどが議論された。
 ところで,国際的な航空ネットワークの研究の推進にあたり,各国にまたがるデータを一国の研究者のみで網羅的に揃えることは容易ではない。こうしたことから,国際的な共同プロジェクトで研究を進めることの大切さを,報告者はJournal of Transport Geographyへの投稿を呼びかけるかたちで最後に指摘した。それは,データ入手や数量的な分析にとどまらず,その結果を各国・地域の事情に照らし合わせて丁寧に読み取り,相互の理解を深めていくことの大切さを呼びかけるものであった。
 以上のように,大きな変貌を遂げるアジア太平洋地域の航空ネットワークについて,その直接の担い手である航空会社の動きや利用者の特徴などに基づきながら,地域間関係を理解していこうとするやりとりが,報告者との間で行われた。「航空ネットワークの地図」を読み解くにあたって,今回の研究会で示された「観光」という要素をどのように評価し,各国・地域の事情に照らして読み込んでいくのか,こうした地道な作業の必要性を示唆する研究会であった。
なお,報告者のオコナー氏はオーストラリア学会第29回全国研究大会のゲストスピーカーとして,オーストラリア大使館および豪日交流基金の支援を受けて来日した。また今回の研究会は,人文地理学会都市圏研究部会,経済地理学会関西支部,神戸大学海事科学部松本研究室,および本学会員の堤純氏らが共同で企画し実現したものであり,当日は経済地理学会だけでなく日本交通学会からの参加もあった。
(参加者:22名,司会・記録:鍬塚賢太郎)
2018.04.21  Comment:0