FC2ブログ
日時:2018年11月24日(土)10:30~12:00
※人文地理学会大会部会アワーとして開催

奈良大学L棟2階
(〒631-8502 奈良市山陵町1500)

テーマ:人の流動と都市圏

研究発表:ネットワーク科学・情報科学による人流解析の可能性  藤原直哉(東北大)

司会:桐村 喬(皇學館大)

趣旨:
都市圏における人の流動に関しては,従来パーソントリップ調査の結果データが活用されてきたが,より詳細な分析ができるように,パーソントリップデータを加工したものや,全く別の方法で収集されたデータも研究利用できるようになり,「人流データ」として活用が図られている。都市における人々の活動は複雑であるが,ネットワーク科学や情報科学などの分野で開発された手法によって人流データを解析することにより,これまで明らかではなかった法則性が明らかになりつつある。今回は,これらの分析手法により見えてくる,都市における複雑な動的構造について議論したい。

連絡先:桐村 喬(皇學館大) E-mail: t-kirimura[at]kogakkan-u.ac.jp
2018.10.29  Comment:0
日時:2018年6月12日(火)夕刻実施(18:00~20:00)
会場:大阪市立大学梅田サテライト文化交流センター大セミナー室
大阪市北区梅田1-2-2-600 大阪駅前第2ビル6階
*会場へのアクセスは,以下をご参照下さい。
https://www.osaka-cu.ac.jp/ja/about/university/access#umeda

趣旨:物流・交通旅客流動と地域の結びつきについて近年でも精力的に論文を発表され,Journal of Transport Geography の Editor も務めるケヴィン・オコナー氏(メルボルン大学名誉教授)をお迎えし,ご講演いただきます。

テーマ:Air Transport and Urban Development in the Asia Pacific region

講演者:Kevin O’Connor(Professorial Fellow, University of Melbourne)

ABSTRACT: A well-developed array of research has shown that airports and air transport are fundamental influences upon current trends in urban development. Most analysis of the connections between these two influences have emphasised global city functions and rank as a key determinants on the outcomes for individual cities. This presentation explores the idea that the linkages within an intra-Asian context maybe a more important influence on change in the fortunes of Asian cities. It begins by identifying the scale and geography of intra-Asian linkages, as explored in previous research and as seen in recent trends in air transport. It then moves on to develop a research framework to analyse three elements of intra-Asian mobility: business, tourism and migration. It shows the emerging Asian geographies in these activities and how airlines (in particular low cost carriers) are reacting to these geographies. The presentation will conclude with an outline of possible research methodologies that could be used to describe and account for the part that intra-Asian linkages will play in economic outcomes in cities across the region.


Emeritus Professor Kevin O’Connor has a Master of Commerce from the University of Melbourne and a PhD from McMaster University Canada. He spent 25 years in the Department of Geography at Monash University before being appointed Professor of Urban Planning in the Faculty of Architecture, Building and Planning at the University of Melbourne in July 2003. He was appointed Emeritus Professor following retirement in 2008.

His research, funded by international and national research agencies, and published in major international journals, has explored the links between the economic system (particularly services) and the growth and internal structure of cities. A long term interest has been the influence of airline and airport activity on the economic role of metropolitan areas, with a recent focus on logistics services. He has explored those interests in global, Asia-Pacific and Australian contexts.

His reputation in international research on transportation was reflected in the invitation to give the Fleming Memorial Lecture in Transportation Geography at a meeting of the American Association of Geographers. He is the Associate Editor, Asia-Pacific, for the Journal of Transport Geography, and a member of the International Advisory Committee of the annual International Conference held by the Hong Kong Society for Transportation Studies. He has reviewed proposals for research bodies in the US, Canada, the EU, Qatar and Australia.

An Australian focus of his research was presented in a book outlining links between economic activity and cities in Australia entitled The New Economic Geography of Australia: A Society Dividing (Oxford University Press) published in 2001. This book received an award for Planning Scholarship from the Australian Planning Institute in 2002.

*講演者の研究業績は以下でご確認いただけます。
https://scholar.google.com.au/citations?user=iytB0JUAAAAJ&hl=en


通訳:講演は英語で行われますが,質問時には必要に応じて通訳がつきます。
ゲスト司会:堤 純(筑波大学),松本秀暢(神戸大学)

【お問い合わせ】
連絡先:山神達也(和歌山大)
E-mail: yamagami(at)center.wakayama-u.ac.jp
※お手数ですが(at)は@に置き換えてください.

<報告要旨>
■Air Transport and City Development: The Asia Pacific Experience
Kevin O’Connor (University of Melbourne)
The transport activities at an airport has long been acknowledged as a major influence upon the vitality of its surrounding city and regional economy. That perspective has played a part in the analysis of cities in the Asia Pacific region, with a particular focus upon the links to other global cities. The current presentation argues that to more accurately focus that analysis, attention needs to be focused upon links between cities within the Asia Pacific region itself. That idea is justified by the fact that 14 of the 20 busiest international inter-city air routes (and the 7 busiest) are between cities within the Asia-Pacific region.
Previous research has shown the importance of intra-Asian connections, especially in trade and foreign direct investment flows. That research exposed the fundamental links between the development of countries such as Japan and Korea on those in the south of the region, captured in what was called the “flying geese model”. That idea was enriched through case studies of firms locating branches across the region, and through fine scale analysis of trade and investment flows, especially once China became a major component of the region’s production system. Over the period of that research the regions’ air traffic grew steadily and there was some change in the relative importance of the airports of some cities.
The current analysis confirms the strength of the intra-Asian component of trade and investment flows identified in the earlier research, and then widens the scope to explore tourism and migration, which are both expected to have an important effect upon air transport activity. In these sectors intra-Asian connections are dominant. For example, though 50% of the trade of Asian nations is within the region, 70% of the tourism and migration movement is between Asian countries themselves.
Preliminary analysis of the nations involved in these linkages shows they correspond to the known concentrations of air travel. So for example connections between Japan, China and Korea are very prominent in air traffic data and tourism. The same correspondence can be detected in the air traffic links between South East Asian nations, which are also targets for FDI projects, tourism movement and also generate high levels of labour movements between countries. To some extent the current air traffic flows reflect changes in the organisation of the airline industry itself, especially the rise in the importance of Low Cost Carriers on a number of routes and in a number of countries.
Hence the role of an airport (or airports) in an Asian city is likely to be influenced in particular by its role in intra-Asian activity. To develop understanding in this area we have a research challenge to first, refine our description of the intra-Asian links in trade, tourism and migration and second, develop analytical tools to show precisely how these inter-city links influence airport activity in the region’s cities. One concern here is that much of the data on intra-Asian flows is recorded for nations, while the analysis needs to connect to air traffic data recorded for cities. This step may call for some innovative data collection approaches to produce data on city activity.
Addressing this challenge has the potential to contribute understanding not only to the geography and organisation of the region but also provide a firm foundation for public policy discussions on airport development and air transport management in what is now the world’s major air transport market.

■質疑応答と司会者所見
 アジア太平洋地域での航空交通の量的な拡大を具体的に取り上げた報告であり,報告者と参加者との間で約1時間にわたり熱心な質疑応答が行われた。質疑の内容は,1)航空ネットワークと都市システムとの関係,2)LCC(Low Cost Carrier)の成長と観光客の増大,3)航空旅客流動を説明するモデルやデータについて,の3点に整理できる。これらは相互に関連することから,ここでは上記3つの内容ごとに概要をまとめることで研究会の記録としたい。
 まず,1点目の航空ネットワークと都市システムとの関係について,航空交通の発達が都市の階層性を変化させることに関する質問があった。報告者はこのことに深い関心を持ち,航空ネットワークのハブになれなかった都市のランクが短期間で低下する可能性を指摘した。また,航空ネットワークを把握する指標についての質問もあった。国境を越えた航空ネットワークの発達は,多国籍企業による海外直接投資のフローと関連づけて説明されることが多かったからである。こうした側面は無視できないものの,報告者は主に中国の航空交通の量的な拡大を取り上げながら,アジア太平洋地域の都市システムの階層性に変化がみられること,それはビジネス客や貨物だけでなく,観光客の流動などからも検討すべきことを指摘した。
 これに対し,都市の経済的な機能から都市システムを理解するのであれば,観光客の流動を含めると,着地となる観光地のランクが過大に評価されることについて,疑問が呈された。これに関して報告者は,観光産業が経済的に重要な役割を担っていることに注意を促すとともに,中国を発地とする観光客がアジア太平洋地域の旅客流動に影響していることを重ねて指摘した。また,タイやインドネシアなどを事例に,国際移動だけでなくハブ空港の位置する各国の大都市から地方都市への国内移動も注視すべきことを指摘した。
 2点目のLCCの成長に関わる質問も複数あった。まず,LCCが世界的に成長している背景について,各国で進む規制緩和の重要性が指摘された。また,利用を制限されていた人々も航空交通の利用が可能になってきたことに注目すべきことを,インドと中東との間を行き来する建設労働者などの例を挙げながら説明した。このほか,JALなどのフルサービス型の航空会社と格安LCCという区分だけでなく,さらに格安な「ウルトラLCC」が登場し,LCC内でセグメント化が進んでいること,短距離フライトが中心であったLCCが長距離フライトを運航するようになっていること,競争が激化するなかLCC間での提携の動きなどについて質問があり,航空旅客の需要特性や航空会社の経営戦略にも議論が及んだ。
 3点目の航空旅客流動を捉える方法について,利用可能なデータにより,分析の結果や解釈が異なってくる点が指摘された。例えば,航空旅客流動を量的に把握する際は,運航される航空機の座席数とともに空席数も必要であるものの,後者のデータは入手が困難なことなどが議論された。
 ところで,国際的な航空ネットワークの研究の推進にあたり,各国にまたがるデータを一国の研究者のみで網羅的に揃えることは容易ではない。こうしたことから,国際的な共同プロジェクトで研究を進めることの大切さを,報告者はJournal of Transport Geographyへの投稿を呼びかけるかたちで最後に指摘した。それは,データ入手や数量的な分析にとどまらず,その結果を各国・地域の事情に照らし合わせて丁寧に読み取り,相互の理解を深めていくことの大切さを呼びかけるものであった。
 以上のように,大きな変貌を遂げるアジア太平洋地域の航空ネットワークについて,その直接の担い手である航空会社の動きや利用者の特徴などに基づきながら,地域間関係を理解していこうとするやりとりが,報告者との間で行われた。「航空ネットワークの地図」を読み解くにあたって,今回の研究会で示された「観光」という要素をどのように評価し,各国・地域の事情に照らして読み込んでいくのか,こうした地道な作業の必要性を示唆する研究会であった。
なお,報告者のオコナー氏はオーストラリア学会第29回全国研究大会のゲストスピーカーとして,オーストラリア大使館および豪日交流基金の支援を受けて来日した。また今回の研究会は,人文地理学会都市圏研究部会,経済地理学会関西支部,神戸大学海事科学部松本研究室,および本学会員の堤純氏らが共同で企画し実現したものであり,当日は経済地理学会だけでなく日本交通学会からの参加もあった。
(参加者:22名,司会・記録:鍬塚賢太郎)
2018.04.21  Comment:0
第62回都市圏研究部会(開催日:2018年2月10日)

日 時:2018年2月10日(土)13:30~16:30(予定)

会 場:場所:草津川跡地公園de愛ひろば(区間5),にぎわい活動棟「教養室」(JR草津駅東口より徒歩8分)
天井川として知られていた草津川は2002年に廃川となり,その跡地は公園として整備されました.にぎわい活動棟はその中にあります.
http://www.seibu-la.co.jp/kusatsugawa-atochi-park/deai/

テーマ:近年における大都市圏郊外の変化

研究発表:
土地利用変化からみた住宅開発・都市構造に関する地理学的研究
・・・・熊野貴文(京都大学大学院文学研究科・日本学術振興会特別研究員)

大都市圏郊外における買い物行動の変化
・・・・稲垣稜(奈良大学)

趣旨:大都市圏郊外は,特に居住機能に特化した地域として成長し,これまでにさまざまな住宅地が開発されてきた.しかしながら,近年,住宅開発のあり方にも変化がみられるとともに,「就業・消費機能に特化した都心」と「居住機能に特化した郊外」という図式が大きく変容している.今回は,大都市圏郊外の最近の動向を,住宅開発と買い物行動を指標に考えてみたい.

※終了後,懇親会会場までミニ巡検(草津川跡地公園,草津中心市街地など)を予定しております.ぜひご参加ください.

連絡先:稲垣 稜(奈良大)E-mail: inagakir(at)daibutsu.nara-u.ac.jp
※お手数ですが(at)は@に置き換えてください.

<報告要旨>

■郊外の再編と世代交代
―土地利用変化・都市構造との関連に注目して―
熊野貴文(京都大学文学研究科・院生,日本学術振興会特別研究員)
都市圏の構造変化としての郊外の位置づけは,郊外化の終焉と多核化/郊外の地方都市化という2つの軸に基づいて整理できる。前者と関連して,1990年代後半以降,郊外住宅地の高齢化や空き家問題といった衰退現象が焦点化された。後者については,郊外化の終焉というよりも,むしろ人口の郊外化の次の段階と位置付けられ,通勤・消費面で郊外が中心都市への依存度を低下させているという共通の問題意識を持つ。
これらの先行研究では,郊外第一世代と第二世代の世代交代ないしライフコースの差異を郊外再編の一つの契機として捉えようとした点が特徴的である。その一方で,先行研究では分析対象を住宅団地に限定する傾向があったことを指摘できる。これに対して,「まちなか居住」の議論は,都心と郊外住宅地の間に広がる既成市街地に注目しており,都市圏の空間構造を[都心部―郊外住宅地]という二分法に還元できないことを示唆している。
以上の先行研究の整理を踏まえ,大阪大都市圏の郊外外圏に位置する奈良県桜井市を事例に,世代交代が新設住宅の立地と土地利用変化に及ぼす影響について検討した。また,前述の「まちなか」に含まれる,鉄道駅周辺の市街地と連坦して都市化が進んだ地域を対象にした。
桜井市では,1990年代後半以降,それ以前に比べて,新設住宅は既成市街地に立地しにくくなり,特に中心市街地で低・未利用地化が進行していた。世代と関連する要因に着目すると,以下の二点を指摘できる。
第一に,桜井駅から離れた周辺部では,近年土地所有者の高齢化や農業・製材業の後継者不在を背景に,相続を契機とした土地売却や相続税対策としての賃貸アパート転用がみられる。第二に,郊外第一世代と第二世代の通勤行動の差異を反映し,桜井市では中心都市への求心的通勤に代わり,自家用車を利用した郊外間の分散的通勤が増大したことが新設住宅の離心化に寄与した。さらに,こうした自家用車中心の生活行動は桜井駅周辺の中心市街地に駐車場需要を生み,土地所有者は投資リスクの低い駐車場経営を選択している。
以上のように,人口や経済活動が停滞する郊外外圏では,地価や産業構造の変化といった経済的要因に加えて,住宅需要者側と土地所有者側の世代に関連する要因として,世代間の通勤行動の違いや土地所有者の相続・後継者問題が土地利用変化,ひいては都市構造の変化に影響している。本発表の事例は,「まちなか」に該当するような市街地における世代・ライフコースに着目した研究の余地が残されていることを示唆する。

■大都市圏郊外における買い物行動の縦断分析
―平城ニュータウンを事例に―
稲垣稜(奈良大)
日常生活行動の変化から大都市圏構造を検討する場合,通勤行動と買い物行動がその指標として取り上げられることが多い。発表者はこれまでに,主として通勤行動を取り上げてきたが,本報告では,大都市圏郊外に居住する人々の買い物行動の変化に着目した。
従来の研究では,ある1時点の買い物行動に限定したものや,複数時点であっても被調査者が異なる横断データを利用したものが中心であった。そこで本報告では,縦断データによる買い物行動の分析を試みる。しかも,短期間の縦断データではなく,数十年間にわたる縦断データを収集することにより,大都市圏構造の変化と関連付けた分析を行う。
対象としたのは奈良市の平城ニュータウンであり,平城ニュータウンに居住する全世帯に対してアンケート調査票を配布した。このうち分析対象は,戸建て住宅の世帯主と配偶者である。回答者を1980年以前入居者,1981~95年入居者,1996年以降入居者に区分し,入居時期による買い物行動の違いや,同一回答者の時代による変化を分析した。1980年,1995年,2016年の3時点における買い物行動をたずねた。
買回品に相当する高級服は,1980年と1995年とでは大きな変化はみられず,店舗の種類では百貨店,買い物先では大和西大寺駅周辺,難波・心斎橋が卓越していた。しかし2016年になると,百貨店,難波・心斎橋の利用割合が大幅に低下し,代わりに平城ニュータウン内,総合スーパーの割合が上昇した。大阪大都市圏の下位中心地である大和西大寺駅周辺は利用割合が低下しなかったが,これは大和西大寺駅周辺から平城ニュータウン内に買い物先を変える人が多かった一方で,上位中心地である難波・心斎橋から大和西大寺駅へと買い物先を変える人も多かったためである。最寄品に相当する普段着は,高級服よりも変化が早く,すでに1980年から1995年にかけて,平城ニュータウン内の割合が上昇した。普段着の場合は,上位中心地から下位中心地へ,下位中心地からニュータウン内へという買い物先の階層的な変化はみられず,上位中心地から直接平城ニュータウンへのシフトがみられた。
本報告では,長期にわたる縦断データを収集し分析することにより,長期的な大都市圏構造の変化と関連付けた買い物行動を考察することができたと考える。

■討論
Q:桜井市では2000年代に入って人口が1割ほど減少しているが,この要因は何か。
AK(熊野:以下同):郊外住宅地としての人口流入の減少と郊外第二世代の転出,そして輸入製材の増加や住宅需要の低下に伴う製材業の不振による雇用の減少などが,人口の減少を招いたと考えられる。
Q:大都市への依存度と郊外の商業集積とのいずれに関心の中心があるのか。
AI(稲垣:以下同):大都市への依存度の変化に関心がある。これまで通勤流動に着目してきたが,買い物行動から日常生活行動を捉えることで,大都市圏郊外の変容を検討したいと考えた。
Q:縦断データの分析はそれだけで貴重なものだが,今回の分析結果からは,住民の高齢化と都市構造の変化とを区別できないのではないか。
AI:データが膨大なため,今回は中心都市への依存度の変化に焦点を当て,購買行動の世代間の差を明らかにした。ご指摘の点はこれから精査したい。
Q:これまで郊外の第一世代と第二世代の違いに研究の焦点があったが,近年の郊外の変容を検討するに際し,それ以外の世代をどう考えるか。例えば第二世代と第三世代の間に何か変化が生じているのかという視点が必要ではないか。
AK:第一世代が中心であった時の郊外住宅地では,均質な空間,均質な居住者を前提として議論できる面が多かったが,世代交代が進む中で多様な動向が現れている。この多様な動向にパターンを見出せるか否かに一つの関心があり,今回の桜井市の事例では,世代交代に伴う土地売却とその後の土地利用の変化に着目した。
AI:第一世代と異なり郊外を出身地とする第二世代は,居住地も働き方も多様である。多様性が増した第二世代の次の世代となると,まだ数が少ないうえに対象者を捕捉することが困難である。ご指摘の点はこれから議論を深めていく内容であろう。
Q:世代による違いは郊外に限定される議論ではない。その中で郊外という切り取り方にどのような有効性があるのか。郊外の変容については社会学を含め他分野でも議論が行われているが,地理学からどのようなテーマを提示できると考えているか。
AI:地理学の場合,空間構造の変化をどう理解するかに議論の中心がある。これまで,中心都市と郊外という二項対立的に議論される一方で,郊外の多核化が検証されてきた。また,典型的な郊外とされてきた地域において,駅前の評価が高まるなかで職住近接が実現されることがあるのに対し,都心居住者の通勤距離が意外に長く,都心周辺地区が居住の場に変化している事例がある。このように,大都市圏の空間構造の変化については,単純化できない面があり,様々な動向が錯綜している状態にある。
Q:都市圏多核化とも関連するが,大都市圏では,中心都市が圏域全体に影響力を行使する一方,郊外の中心地はその周辺地域に影響を及ぼしている。大都市圏のこうした重層的な構造はどう捉えるのがよいのか。大都市圏というくくりを作ることにどういう意味があるのか。
AK:発表者はこれまでに大都市圏の既成市街地や郊外内圏についての研究を進めてきたため,今回は郊外外圏にあたる桜井市を対象とした。桜井市の場合,大阪大都市圏外にあたる山間部の町村に対する中心地という機能を持つと同時に,桜井市内においても,駅前と駅から離れた地域とで住宅供給や土地利用の変化の状況に差があり,重層的な面がある。当初は大阪市の都心部から離れるに従ってその影響力が次第に弱まっていくグラデーションのような状況を想定していたが,何を基準にどこで都市圏を区切るのかは確かに難しい問題である。
AI:大都市圏の中心都市と郊外という位置づけに関して,本部会の会場が位置する草津市についても,市全体として人口成長は止まってきたが,草津駅や南草津駅に近いところでは増加が継続しているのに対して周辺部では減少傾向にある。また,草津市は事業所も多く,典型的なベッドタウンというわけでもない。こうした情勢を踏まえると,まずは郊外のそれぞれの地域の都心に対する位置づけを丁寧に行うことが必要ではないか。
Q:今回の事例でいうと,平城ニュータウンは都心に職場のある人の住宅地としての性格が強い。一方,桜井市の場合,宿場町と製材業で成り立ってきた都市が郊外住宅地化した面がある。前者であればライフコースに沿った入居者が多く,例えば老親を引き取ることなど,ライフコースに沿った諸問題がこれから顕在化するのに対し,桜井市では,人口減少が深刻化する農山村とのかかわりの重要性が増すのではないか。
AI:桜井市は就業の場としての都心に対する住宅地としての郊外という特性を弱めている面があり,平城ニュータウンでは住宅地でありかつ商業集積地としての特性も強めてきた面がある。郊外の各地域をその特性に応じて類型区分し,そのなかから内圏と外圏との違いを明らかにして大都市圏というくくりの意義を再検討するとともに,郊外の再編成が郊外住民の世代交代とどう関連するのかを検討していくことが重要ではないか。
AK:ご指摘の点を参考にして今後も研究を進めたい。

■ミニ巡検
今回は,研究発表に加えて,近年でも変化が著しい草津市中心部のミニ巡検も実施した。今回の会場は,廃川となった旧草津川を再開発してできたものである。都市開発としては特異な事例だが,天井川の流路が公園化され,その一部に飲食店や貸しスペース「にぎわい活動棟」などが入った。また,浮世絵にも描かれた「草津川の渡し場」の話題で盛り上がった。
その後,天井川を下って東海道と中山道の分岐点に立つ追分道標と高札場址をみたのち,草津宿本陣周辺の旧宿場町地区を歩いた。旧街道沿いは歴史的建造物が点在する中にマンションなども建っているが,道沿いの部分を瓦葺きの庇をのせた木製の壁にするなど,歴史的な街並みを残そうという工夫がみられた。
その後,天井川をくぐって草津駅方面に向かった。草津駅近くの商店街では,アーケードが一部で取り除かれていたが,これは市街地再開発事業に伴うもので,高層マンションの建設工事中であった。その隣には完成した高層マンションが建っており,これと同規模のものができるとのことであった。また,この工事に伴い,飲食店がプレハブで営業していた。そのほか,商店街に空き店舗は少ないものの,物販店が少なく飲食店が多いことが印象的であった。
最後に,草津駅から東の方を見渡した。草津駅東側では,駅近くでは高層マンションが立ち並んでいるが,駅から離れると戸建て住宅や工場が増えること,草津駅からは工場で働く人々のためのバスが出ており,草津市で従業する人が多いことなどの説明があった。
雨が降る中での巡検であったが,旧草津川や市街地再開発,歴史を活かしたまちづくりなど,今まさに変化の過程にある現場を見ることができ,実りあるものとなった。

■まとめ
今回の部会は「近年における大都市圏郊外の変化」をテーマとし,大阪大都市圏の内圏と外圏,そして買い物行動と住宅供給や土地利用の変化についての研究発表が行われた。また,近年の変化の著しい草津市中心部の巡検を実施した。今回の発表で明らかにされた居住開始年別にみる買い物行動の違い,そして住宅供給や土地利用の変化を招いた相続や事業継承者の不在は,いずれも郊外居住者の「世代」に関わる問題であった。興味深い知見が提示されたことが一つの誘因となって,郊外の変容に関して,地理学として社会的にインパクトのある議論をどう展開するかという大きな課題も提示された。今回の部会でこの課題に対する明確な答えは導き出せなかったものの,郊外での変化が多様性に満ちていることと,大都市圏郊外の再編では世代交代という視点が一定の有効性を持つことについては,共通の理解を得られたのではないかと考えられる。今後も多様な観点からの研究蓄積が求められるとともに,郊外とは何か,広く社会にアピールできる地理学的観点とは何か,を深く検討していくことが必要であろう。
(参加者27名,記録:山神)
2017.11.25  Comment:0