上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
世話人: 
 根田克彦(代表、奈良教育大学)、 稲垣 稜(奈良大学)、古賀信二(立命館大学)、中川聡史(神戸大学)、花岡和聖(立命館大学)、 山神達也(和歌山大学)

研究領域:
 国内外の都市および都市圏内で生じている多様な現象を、都市・農村地理学や経済地理学などの枠組みにとらわれず、広い観点から地理学的に検討する研究領域を対象とする。

継続の理由:
 日本は都市縮小の時代に入ったといわれ、サスティナブルな開発に基づく都市政策が必要とされる。一方、グローバリゼーションの進展と都市の企業家主義の進展とともに、都市間競争が激化した。知識産業、文化・観光産業が都市の経済的基盤として重視され、歴史的景観は重要な観光資源である。また、国際競争にさらされた農業者と、食の安全を求める消費者からの要請により、都市と周辺農村との共生が求められている。その反面、経済格差の拡大も懸念されており、欧米ではコミュニティ再生が課題である。東日本大震災を契機として都市の防災を広域的に論じる必要もあろう。都市や都市圏に関する地理学的研究において、都市・経済地理的観点からだけではなく、社会的・文化的・環境的観点からのアプローチが不可欠である。
 
 近年、地理学における知見が隣接学問分野で引用されていないことが指摘されている。だからこそ、本研究部会は「都市を研究する集団」ではなく、「都市圏をフィールドにした様々な研究視点の交流と相互理解を指向する集団」を企図するという本研究部会の基本方針を踏襲し、それをいっそう発展させることを主張する。それにより、隣接学問分野と実務の成果を取り入れ、都市もしくは都市圏における多様な現象を扱うことが可能になろう。また、隣接学問分野と比較することにより、地理学のアイデンティティを体系化することが可能になると同時に、地理学の成果を隣接学問分野や社会に発信する場を提供できよう。

今後2年間の研究テーマと活動計画:
 本研究部会がこれまで取り組んできた活動実績をもとに、今後2年間は以下の2つのテーマを設定したい。(1)都市と都市圏の抱える現代的諸問題を抽出・検討し、その解決のための糸口を探る。(2)諸外国、隣接学問分野と実務における都市と都市圏の現代的諸問題の扱い方と地理学のそれとを比較する。それにより、地理学における都市と都市圏の扱い方を確認し、どうあるべきなのかという本質論的議論を展開する。

 部会は年3・4回程度の開催を原則とする。発表者として、地理学の大学院生をはじめとした若手研究者を積極的に招きたい。また、隣接学問分野や行政・実務の方々からの報告も求め、都市および都市圏の社会・文化・経済的課題を幅広く取り扱う。さらにウェブサイトの運営をはじめとした広報活動のいっそうの充実を図り、他学会・実務部門との連携や関西以外で部会を開催することにより全国の会員等との研究交流も促進すべく努力する。
スポンサーサイト
2011.11.15 
世話人: 
 古賀慎二(代表、立命館大学)、 香川貴志(京都教育大学)、小原丈明(法政大学)、根田克彦(奈良教育大学)、花岡和聖(立命館大学)、 藤塚吉浩(高知大学)

研究報告:
 本研究部会は、「部会の名称が『都市圏』であるものの、『都市圏を研究する集団』ではなく、『都市圏をフィールドにした様々な研究視点の交流と相互理解を指向する集団』を企図する」という第4期の基本的な考え方を踏襲し、さらに発展させる目的で活動を行ってきた。世話人は、前体制からの継続が3名(うち1名は前代表の香川、あとの2名は古賀と藤塚)で、新たに小原・根田・花岡の3名がこれに加わった。
 
 今期当初に計画した研究上の目標は、大きくわけると以下の2点であった。(1)都市や都市圏の抱える現代的問題を国内のみならず諸外国の事例も視野に入れて考える、(2) 都市や都市圏に関する本質的議論を展開する。また、部会活動の付随的目標として、①年4回程度の部会開催を原則とする、②大学院生をはじめとした若手研究者や外国人研究者の報告を準備する、③隣接学問分野や行政の方々からの報告など学際的研究にも留意する、④広報活動のいっそうの充実を図る、⑤他学会との連携や関西以外での会員等との研究交流を促進する、という5点を挙げていた。末尾に列挙した部会開催経過を一瞥すれば理解できるように、外国人研究者による報告を準備できなかったことを除けば、上記の目標は概ね達成できたと考えている。とりわけ今期は、関西以外で2回の部会(高知・東京)を開催し、遠方のため近畿地方にまでは足が向かなかった若手会員等を多く集めて議論を行えたことや、全8回中3回の部会で、隣接学問分野やNPOから報告者を招聘して会を開催できた(できる)ことは特筆される。
 
 また今期は、第4期の反省点に挙げられていた共通テーマを設定することにも留意した。部会アワーなど時間的制約から発表者を1名しか準備できなかった回を除けば、これもほぼ達成できた。共通テーマを設定することにより、議論の深化と視点の多角化を図ることができたといえよう。さらに、東京での部会開催にあたり、従来取り組んできた部会独自のWeb広報に加え、ポスターを作成して近隣の大学に配布した。これが奏効し、荒天にもかかわらず、かつ地理学系他学会における東日本大震災関連の緊急集会開催日と重複したにもかかわらず、多くの大学から大学院生の参加が得られたことも記しておきたい。
 
 反省すべき点がないわけではない。近年の学会や研究会の乱立、また世話人の他学会を含めた各種委員の兼任や本務校の校務などにより、年4回の開催が難しくなってきている。そのため、報告者や参加者を集め難い時期に開催せざるを得ず、結果として参加者数が伸びないケースがみられた。全国の大学で、半期15回の授業完全実施が施行されるなか、部会開催日に設定している土曜日に補講が組まれる場合もあり、開催日程の設定は年々厳しさを増している。こうした構造的問題を克服し、会員や世話人などが無理なく活動できる工夫が今後必要となろう。
 
 部会活動のさらなる活性化を図るには、会員の研究成果発表に基本を置きつつも隣接学問分野の専門家を招聘した研究交流の企画や、学界の将来を担う大学院生のみならず学部生にも参加しやすい企画の実現、発表時間に余裕があるという利点を活かした若手研究者への発表機会の提供など不断の努力が必要である。こうした小回りのきく部会活動の継続も他学会との積極的な研究交流の促進と併せて引き継いでいきたい。
 
 最後に、本研究部会は標記の期間内に8回の部会(大会部会アワーを含む)を開催した。その記録を記し、2年間の活動報告とする。
2011.11.15 
世話人: 
 古賀慎二(代表、立命館大学)、 香川貴志(京都教育大学)、小原丈明(京都大学)、根田克彦(奈良教育大学)、花岡和聖(立命館大学)、 藤塚吉浩(高知大学)

研究領域:
 都市・農村地理学、経済地理学など、国内外の都市および都市圏内で生じている多様な現象を地理学的に検討する研究領域を対象とする。

継続の理由:
 これまで先進国では、急速に増大する都市雇用に対応する形で都市圏を形成し、郊外を発達させてきた。しかし、昨今の世界を取り巻く社会経済情勢を鑑みると、こうした一様な郊外開発だけでなく、環境負荷を軽減する都市や都市圏のあり方、経済のボーダーレス化、グローバル化などに伴って生じる新たな産業集積と都市圏における中心都市、郊外および農村との関係性、商業・観光をはじめとする消費や過ごし方の問題など、多様な側面から検討することが求められているといえる。中心と郊外がバランス良く共存し、相互にネットワーク化される社会が標榜されている日本においても、都市居住や都市商業などの抱える今日的問題は何なのか、将来を見据えた都市開発は如何にあるべきか、また都市を取り巻く諸問題をどのように克服すればより良い社会が形成されるのか、これらの課題を諸外国での取り組みも参考にしつつ議論する必要性は益々高まっている。我々は、これまでに蓄積された研究成果を最大限活用しながらさらなる都市圏研究の深化を図り、地理学の発展と社会への貢献をいっそう進めるべく、本研究部会の継続を申請するものである。

今後2年間の研究テーマと活動計画:

 本研究部会がこれまで取り組んできた活動実績をもとに、今後2年間は以下2つの研究テーマを設定したい。(1)都市や都市圏の抱える現代的諸問題を抽出・検討し、その解決のための糸口を探る。その際、都市規模による問題の現れ方を注視し、日本国内だけでなく、諸外国の事例にも注目する。(2)都市や都市圏とは如何なるものなのか、どのように変化しているのか、またどうあるべきなのかという本質論的議論を展開する。部会は年4回程度の開催を原則とし、大学院生をはじめとした若手研究者や外国人研究者の報告を積極的に揃えたい。また、隣接学問分野や行政の方々からの報告も求め、学際的研究にも留意したい。さらにウェブサイトの運営をはじめとした広報活動のいっそうの充実を図り、他学会との連携や関西以外での会員等との研究交流も促進すべく努力したい。
2009.11.10 
■プロフィール
 私たちは、都市や都市圏の構造,機能,景観,それらの変容や問題、計画などに関心を持っています.
 人文地理学会内で組織された部会ですが,開催する研究会へは誰でも自由に参加できます.
 研究会でお話し頂ける方も、随時募集中.ご連絡は下記の部会世話人へ.お待ちしております.

■世話人(2009~11年秋)
 古賀慎二(代表、立命館大学)
 香川貴志(京都教育大学)
 小原丈明(法政大学)
 根田克彦(奈良教育大学)
 花岡和聖(立命館大学)
 藤塚吉浩(高知大学)
2009.11.01 
 本研究部会は、開催場所をはじめとする部会活動の広域化、それに伴う広範な会員サービスを目標の一つに定め、前体制から継続の3名(うち1名は前代表の伊藤、あとの2名は香川と豊田)に、古賀・後藤・藤塚の新しい3名の世話人が加わって発足した。現代都市や都市圏の発展と変化は著しく、そこに生じる問題も多岐にわたるので、部会の名称が「都市圏」であるものの、「都市圏を研究する集団」ではなく、「都市圏をフィールドにした様々な研究視点の交流と相互理解を指向する集団」を企図した。

 世話人の分布が広域に及ぶため、毎回の部会に世話人全員が揃うのは難しかったが、近畿圏を離れた開催では、開催場所に近いところから研究者を招き話題提供を仰ぐことに成功した。また、参加者についても当該地域周辺からの来場者を多く認めた。発足当初は懸念された近畿圏外での開催は、人文地理学会のプレゼンスを高め、研究者間の交流を広域化することに大きく貢献したといえよう。
2009.10.24 
世 話 人
 香川貴志(代表、京都教育大学)、 伊藤 悟(金沢大学)、 古賀慎二(立命館大学)、 豊田哲也(徳島大学)、 藤塚吉浩(高知大学)、 後藤 寛(横浜市立大学)

活動計画
 本研究部会は、当初は前期までの3期でひとまず活動を終える予定であった。しかし、中心市街地居住の普遍化、郊外業務核の成長、いわゆる「まちづくり三法」の公布など、こんにちの都市をめぐる研究を中断するに忍びない状況が生じた。また、前期に積極的な展開を図った、社会学、GIS、都市・地域計画、行政、NPOなど関連分野との交流促進は、多大な研究成果の共有と人的交流を実現し得た。そこで、前期での経験も踏まえて、今後2年間(2007年11月~2009年11月)では特に次の2点を研究テーマの核としたい。
2007.11.20 
 都市圏研究部会は、都市および都市圏に関わる研究の推進と、それを通じた地理学の発展と社会貢献を目的として、2001年秋から活動を続けている。今期2年間(第Ⅲ期;2006年11月~2007年11月)は、従前2期4年間の活動を継承するとともに、一応の区切りをつけることを前提に活動を行ってきた。具体的には、上述目的を踏まえた研究の深化とともに、今後の新たな展開について模索をはかるため、設立時から通算すると16から25回目にあたる研究会を、次のように企画、開催した。
2007.11.10 
世 話 人
 伊藤 悟(代表,金沢大学)、藤井 正(鳥取大学)、香川貴志(京都教育大学)、豊田哲也(徳島大学)、山下博樹(鳥取大学)

活動の趣旨
 都市圏(大都市圏を含む)は、国勢調査の定義に従えば本邦人口の約6割が住むように、私たちにとって最重要の生活・活動空間として、本来的に不断の研究対象である。加えて近年では、少子高齢化、地価下落などとともに市町村合併の進行によって、都市圏構造も従前とは大きく様変わりしつつあり、その研究の重要性はますます拡大した。同時に、この分野での地理学的研究は、これまでの蓄積も多く、それらを統合・発展させていくことは、学会や社会にもアピールできるものとなろう。以上、都市圏研究の深化と、それを通じた地理学の発展と社会的貢献を目的として、本研究部会の活動を図りたい。
2005.11.12 
 都市圏研究部会では2003年11月(承認時点。第1回会合は2004年1月)から 2005年11月までに研究会9回を企画した。このうち海外研究者の報告を含む会合が2回、見学を含めた報告と討論、シンクタンクや都市政策の現場からの報告あるいは関連学会と連携した会合も行うなど、多様な企画を展開したといえよう。
2005.11.10 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。