FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 

   日時: 2009年11月7日(土)  10:30~12:15    
   場所: 〒464-8601 名古屋市千種区不老町 
        名古屋大学全学教育棟・文学部棟

  2009年 人文地理学会大会・研究部会アワー

 竹中克行(愛知県立大学) 
  分権化後のスペイン都市における歴史地区の再生
  ―カタルーニャ自治州のタラゴナとレウス―
20091107_jinbun_chiri_gakkai_poster



■報告要旨
... 続きを読む
スポンサーサイト
2009.10.25 
 本研究部会は、開催場所をはじめとする部会活動の広域化、それに伴う広範な会員サービスを目標の一つに定め、前体制から継続の3名(うち1名は前代表の伊藤、あとの2名は香川と豊田)に、古賀・後藤・藤塚の新しい3名の世話人が加わって発足した。現代都市や都市圏の発展と変化は著しく、そこに生じる問題も多岐にわたるので、部会の名称が「都市圏」であるものの、「都市圏を研究する集団」ではなく、「都市圏をフィールドにした様々な研究視点の交流と相互理解を指向する集団」を企図した。

 世話人の分布が広域に及ぶため、毎回の部会に世話人全員が揃うのは難しかったが、近畿圏を離れた開催では、開催場所に近いところから研究者を招き話題提供を仰ぐことに成功した。また、参加者についても当該地域周辺からの来場者を多く認めた。発足当初は懸念された近畿圏外での開催は、人文地理学会のプレゼンスを高め、研究者間の交流を広域化することに大きく貢献したといえよう。
2009.10.24 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。