上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
   日 時: 2012年1117日(土)10:30~12:00
   会 場:立命館大学敬学館258教室 [会場マップ] 

2012年人文地理学会大会・研究部会アワー

発表:
  日野正輝(東北大学)
    Pacione先生の業績紹介
  Pacione, M.(University of Strathclyde, Glasgow, UK)
    The urban geography of post-growth society
  山神達也(和歌山大学)
    日本の大都市圏は縮小しているのか?―京阪神大都市圏を事例として―

趣旨:
 イギリス・ストラスクライド大学の教授で、現在第3版を数えるUrban Geographyの著者であるPacione先生を迎え、ポスト成長社会における都市の現状と課題を様々な面から議論する。日本とイギリスとを比較し、縮小都市に関して将来の展望を考える。


連絡先:根田克彦(奈良教育大学)
E-mail:neda#nara-edu.ac.jp (#を@に置き換えて下さい)

■報告要旨(以下のリンクをクリック)
■The urban geography of post-growth society
                               Pacione, M.(University of Strathclyde, Glasgow, UK)

1.1 Introduction:
There are two principal dimensions to the urban geography of post-growth society:
(a) shrinking cities seen in physical manifestations of economic decline and population loss in central cities, and
(b) social and quality of life problems in no growth or ‘shrinking’ cities.
The first of these is a longstanding and well documented process in many advanced nations. The second is a more recent perspective on post-growth and is accompanied by consideration of alternatives to the ‘growth paradigm’ that focus attention more on quality of life than quantity of consumption.


1.2 Shrinking cities – causes.
A shrinking city is one that has experienced severe population and job loss, with the result that the ‘urban footprint’ exceeds the needs of the current and likely future population.
The modern phenomenon of shrinking cities is caused primarily by three main processes:
(i) de-industrialisation
(ii) suburbanisation and counter-urbanisation, and
(iii) demographic transition (ageing)
Collectively these processes generate a spiral of disinvestment and decline. Over time, theses cumulative effects, together with the process of urban sprawl, cause residents to abandon centre city neighbourhoods – a classic example being Detroit.


1.3 Shrinking cities – consequences.
The major consequences of urban shrinkage are seen in:
• declining population densities – leading to reduced feasibility of public transit, greater travel distances, more inefficient energy use, loss of urban ‘vitality’
• growing imbalance between the demand for and supply of housing
• growing imbalance between the demand for and supply of social infrastructure – schools, transport, utilities.
• increased rates of poverty and associated problems
• declining demand for local commercial services
• emergence of vacant and derelict land and buildings
• greater pressure on municipal budgets – costs of maintaining old infrastructure designed for a larger population.


1.4 Shrinking cities – policy perspectives.
There are essentially three possible policy responses to city shrinkage:
(i) do nothing – either deny there is a problem or recognise the problem but not respond (no strategy).
(ii) try to reverse decline and stimulate population growth (growth strategy)
(iii) accept decline and manage the consequences (post-growth strategy)
Leaving aside the no strategy option, the conventional growth strategy approach to shrinkage is to –
• try to increase the city tax base by redeveloping the downtown area
• stimulate development by expanding the public sector
• raise revenues through higher property and business taxes
• reduce expenditure by curtailing services
The latter two strategies can, of course, also accelerate population decline.
There is a need, therefore, to consider an alternative policy perspective – a post-growth strategy. This requires that –
(i) shrinking cities must accept that they are unlikely to regain their former population size and status
(ii) urban planners and managers of shrinking cities must overcome their traditional aversion to the idea of ‘creative shrinkage. They must recognise that a downsized city may be the right-sized city
(iii) urban managers must acknowledge that shrinkage is not only a problem for a city but also an opportunity. For example, the absence of growth forces and abundance of vacant land create opportunities to enhance quality of life by setting aside land for green spaces, recreation, and urban agriculture. Such non-conventional urban land uses can benefit existing residents and may attract future investment.
Viewed from the perspective of a post-growth strategy shrinking cities are not seen as ‘declining to decay’, but rather as moving from one form of urbanism to another different city form.
A post-growth policy of creative shrinkage would focus development efforts on urban islands – areas of denser urbanism concentrated at key nodes within the existing (too large) urban footprint that are determined to be the most viable areas of the depopulating city. Development would be constrained to these ‘islands’ eg by means of a targeted provision of housing rehabilitation grants) as a way of maintaining local density and vitality as the city as a whole loses population; with the area around the urban islands scheduled for demolition, relocation of remaining population, and eventually a return to natural conditions.
The resultant ‘urban islands’ could –
• maintain a population density needed to make infrastructure provision more economic
• maintain urban vitality and sense of community
• reduce transport costs (cf. the compact city model)
• provide an opportunity to relieve congestion in older city neighbourhoods
• provide desirable single-family housing (similar to that available in the suburbs) and perhaps (re)-attract population
• enable vacant land to be used for ‘urban greening’ (eg parks, recreation, allotments)
• allow for vacant land adjacent to the suburbs on the edge of the city to be sold with a condition that it ceases to be part of the city – generating income and reducing costs of infrastructure to the city. Such land free from the burden of city taxes and bureaucracy could be attractive for developers.
Whether the post-growth strategy of creative shrinkage is feasible in practice remains open to debate but it has been employed in a number of US cities (eg Youngstown PA). In practice, the planned downsizing of cities faces several obstacles –
• most urban planners and managers lack the experience (or tools) for the task, being traditionally focused on growth strategies rather than planned decline
• potential opposition would come from local politicians who would lose their electoral base of power
• historic preservation groups could oppose demolition of many old buildings
• it requires ‘responsible relocation’ of residents from ‘de-selected’ areas that are to be abandoned


1.5. Shrinking cities – prospective
Whether shrinking cities continue to decline or achieve a sustainable future as smaller but stronger cities is an open question. The answer to this will vary with local context but generally will depend on how –
• city governments, planners, managers, and citizens acknowledge the reality of their being a small city
• reconfigure the urban environment eg with non-conventional ‘green’ land uses
• re-use (now) surplus land and buildings
• target available (reduced) resources – eg to provide viable residential neighbourhoods and communities
• balance the need for affordable housing (for remaining poor residents) with a need to retain (and attract) middle-income households (to enhance the tax base)
• link to the wider metropolitan region
• focus on transformative planning that uses available resources (physical, financial and human) to identify strategies to integrate the city into the post-industrial economy


1.6. Conclusion.
Some final fundamental questions regarding the shrinking city phenomenon include:
(i) is population loss a bad thing for a city? According to conventional growth-oriented urban planning the answer is yes, it is. Another answer is – not necessarily. It can be argued that when a city is smaller it is also more ‘human’ in scale; more liveable; less anonymous; with a more manageable and responsive government.
(ii) by having to deal explicitly with the problems of shrinking, cities have an opportunity to discuss a paradigm shift from growth-centred urban planning to a more sustainable approach
(iii) finally, the phenomenon of shrinking cities opens a window into a wider debate about post-growth society – to consider a different kind of city living marked by a greater emphasis on urban liveability and quality of life.
The reality of post-growth is apparent in some richer countries (such as Japan). This provides research opportunities for urban geographers to map socio-spatial variations in quality of life; provide critical analyses of the human consequences of current economic policy; and engage with, and inform, urban policy, planning, and management strategies.



■日本の大都市圏は縮小しているのか?―京阪神大都市圏を事例として―

                                                      山神達也(和歌山大学)

 日本社会が人口減少期を迎えた現在,拡大を続けてきた日本の大都市圏でも縮小は避けられなくなってきた。この点を踏まえ,本研究では,京阪神大都市圏を対象として,大都市圏の空間的範囲は縮小したのか否かを検討する。分析対象は通勤流動と人口分布である。対象期間は1990年から2010年までとし,分析の基本単位は2010年の境域による市区町村とした。また,大都市圏の設定では,京都市,大阪市,神戸市の三都市を中心都市群とし,常住就業者に占める上記三都市への流出就業者割合が5%以上である市町村を郊外とした。
 
 まず,三重県を含めた近畿地方の268市町村からの中心都市群への通勤率の推移をみると,5%以上の通勤率を示す市町村数はほとんど変化しなかったのに対し,30%以上の通勤率を示す市町村を中心として,高い通勤率を示す市町村数が減少した。大都市圏の空間的範域を中心都市への通勤率で決める場合,5%を基準とすれば圏域の変化は小さいものの,10%やそれ以上の値を基準とすれば,圏域が大きく縮小したことになる。
 
 また,通勤状況の空間的分布をみると,中心都市群から離れるにしたがって通勤率が低下することから,中心都市群までの距離と通勤率との関係について単回帰分析を行った。なお,距離は各市町村の役所役場の位置から計算するとともに,中心都市群までの距離は,大阪市までの距離の比重を他の二都市までの距離の3倍とする加重平均距離を用いた。分析の結果,定数・距離パラメータの絶対値ともに低下を続けていた。この定数の低下は,郊外市町村の中心都市群への通勤依存度の低下を示すものと解釈できる。一方,距離パラメータの低下は,通勤率にみる距離減衰効果の低下と捉えることができる。ここで,得られた回帰式を用いて通勤率が5%となる地点を求め,それを仮想上の都市境界と捉えると,1995年に最遠の67.68kmを記録した後に次第に値を減じて,2010年には63.65kmとなった。京阪神大都市圏の郊外では,中心都市群への通勤率における距離減衰効果は低下しつつも,中心都市群への通勤依存度の低下も大きいことから,仮想的な都市境界までの距離は縮小しており,京阪神大都市圏の空間的な範囲は縮小してきたといえる。
 
 次に,京阪神大都市圏における人口の推移をみると,中心都市群では1990年代前半に人口減少を記録したが,1990年代後半以降は増加に転じた。一方,郊外は人口増加が継続したものの,その増加幅は大きく縮小し,2000年代の増加率は中心都市のそれを下回った。かかる人口の推移は,Klaassenらによる都市の発展段階仮説に逆行するものであった。
 
 また,大都市圏における人口密度分布は,都心からの距離に応じて指数関数的に低下することが知られている。そこで,通勤率と同様の加重平均距離を用いて,中心都市群からの距離と大都市圏内各市区町村の人口密度の対数値との関係について単回帰分析を行った。その結果,仮想上の都心密度は1995年に最低の値を記録した後に上昇に転じ,近年における人口の都心回帰現象を把握することができていた。一方,加重平均距離にかかるパラメータ(密度勾配)は,2000年に最低の値を記録した後に上昇に転じた。2000年前後までは人口の郊外分散が進展したものの,その後は人口の集中傾向に転じたことを示す。加えて,得られた回帰式から人口密度が約150人/平方キロメートルとなる地点を求め,それを仮想上の都市境界と捉えると,2000年に最遠の72.52kmを記録した後に次第に値を減じ,2010年には71.59kmとなった。このように,密度勾配が次第にきつくなってきたこと,仮想的な都心密度の上昇,仮想的な都市境界までの距離の縮小という点から,人口密度分布の推移という観点からも,京阪神大都市圏は縮小してきたといえる。
 
 加えて,人口密度分布に関する回帰分析の決定係数は,1990年以降,一貫して低下してきた。これは,都心からの距離と人口密度との関係が次第にランダム化してきたことを示す。この結果は,大都市圏内における人口密度分布がモザイク化しつつあることを示唆している。換言すれば,条件の良い市町村とそうではない市町村との間で居住条件の差が拡大して,人口を引き寄せる市町村と流出させる市町村との差,すなわち居住地の選別が進展したことを示唆している。
 
 以上のように,通勤流動と人口密度分布の分析から,近年の京阪神大都市圏では,その空間的範域が次第に縮小してきたことが明らかとなった。加えて,人口密度分布にはモザイク化の兆しを確認することができた。今後,こうした大都市圏の空間的な縮小を引き起こしたメカニズムや,人口密度分布のモザイク化と所得格差などに基づく居住分化の進展との関係などについての研究を進めていく必要がある。

■総合討論(Aはパシオネ氏の回答)

Q1(山下潤・九州大) 2つ質問がある。一つは用語の使い方に関するもので,もう一つは概念に関するものである。第1の用語に関しては,「post-growth」 という用語を使っているが,「societal progress」と言い換えることが可能であるか。第2の概念に関しては,「creative shrinking」という概念を使っているが,4 capital modelを用いるならば,Artificial capital を含むEconomic Capitalが減退する一方で,他の3資本(すなわちNatural, Human, and Social Capitals)の合計が増加していることを指すのか。

A1 Post-growthの考え方は,経済的な側面だけではなく,福祉や生活の質といった社会的な側面にも重きを置くものである。Creative shrinkingも同様で,Economic Capitalだけを優先するのではなく,他の3つの資本の比重を大きくし,バランスの取れた発展が望ましい。

Q2(堤純・筑波大) 今日の発表のテーマは縮小する都市についての課題を考察するということであった。パシオネ先生の言う通り,地理学者が詳細な地図を描いたり,問題のある地区を特定して行政に示すなどの活動を通して大いに貢献できるとする指摘は大変印象に残った。しかし,こうした地理学者の貢献は,縮小都市に限らず,拡大を続けているような都市についても同様に当てはまる。そこで,縮小する都市に対して地理学者が貢献する場合,(あまり問題のない他都市の場合と比べて)何が特徴になるか。

A2 他都市と比較して,縮小都市では問題がより複雑なため,地理学的研究の意義は大きいと考えている。

Q3(日野正輝・東北大) パシオネ先生の講演のお陰で,我々日本の都市地理学者が元気づけられた。成長社会のQuality of Lifeの研究において,都市地理学者が果たすべき役割が大きいことを知った。ところで,山神先生が京阪神大都市圏の縮小の現象を紹介されたが,それについてパシオネ先生の抱いた印象を教えて頂きたい。

A3 日本の事例研究は大変興味深い。今後,各国の都市地理学者がPost-growth社会における縮小都市について多様な研究を進める必要があろう。

Q4(西原純・静岡大) 平成の市町村合併によって,浜松市(面積約1,500平方キロメートル)が誕生して,自治体内の中心・周辺間の大きな格差が出現している。 周辺地域にあたる旧町村では,限界集落と呼ばれるような公共サービスやコミュニティを維持できない集落があり,旧町村内でも集落の再編成を考えなければならない段階に来ている。その計画のために,パシオネ先生の「urban islands」のコンセプトは適用可能か。

A4 まず市町村合併について,アメリカではポートランドでの広域行政化の成功事例を知っているが,他の国や地域ではうまくそれが進まないことが多い。日本の市町村合併は例外的だと考えられる。次に,Urban islandsの考え方は,より広い地域の文脈にも適用可能であろう。イギリスの田園都市構想で言われたSocial cityのモデルを,Post-growth社会におけるUrban islandに応用できるかもしれない。この点について研究を積み重ね検討していくべきである。

Q5(藤塚吉浩・高知大):脱成長戦略として提案された中に,空閑地を都市農業に利用することが述べられた。インナーシティにおいて,放棄された工場跡地の多くは,土壌汚染による影響を受けたブラウンフィールドである。ブラウンフィールドをグリーンフィールドに変えるのは容易ではないが,この点についてパシオネ先生はどのようにお考えか。

A5 デトロイトを例にとると,工場跡地から農地への転用にそれほど多くの費用はかかっていない。それは地域コミュニティに土地が提供され,住民自らが進んで土壌改良を行い,農作物を育てるためである。今では,そこの農作物をファーマーズ・マーケットで販売するようにもなった。地域住民の力を借りることが重要である。

(参加者:36名,司会:根田克彦,記録:花岡和聖 発表と質疑応答はすべて英語で行った)
関連記事
2012.10.29 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。