上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
第57回 都市圏研究部会

共 催:経済地理学会関西支部,日本都市地理学研究グループ

日 時: 2015年12月5日(土) 13:00~17:00

会 場:新大阪丸ビル新館609号室
東淀川区東中島1-18-27、新大阪駅から徒歩2分 Tel: 06-6321-1516
会場へのアクセスは、以下をご参照下さい。
http://www.japan-life.co.jp/jp/buil/sinkan/map.html

テーマ:企業のグローバリゼーションと地域振興

オーガナイザー:日野正輝(東北大学)・西原純(静岡大学)・阿部和俊(愛知教育大学名誉教授)・藤塚吉浩(大阪市大)

報告と討議:

日系多国籍企業のアジア立地展開とサプライチェーン・・・・・・鈴木洋太郎(大阪市立大学)

Value Capture Trajectories and Strategic Coupling of Regions with Global Production Networks・・・・・Henry Wai-chung Yeung(シンガポール国立大学地理学科)

座長: 日野正輝(東北大学)、宮町良広(大分大学)

■日系多国籍企業のアジア立地展開とサプライチェーン
鈴木洋太郎(大阪市大)
本報告では、近年における日系多国籍企業のアジア立地展開とサプライチェーン(供給網)の特徴と動向について、産業立地論の観点から研究報告を行った。特に、日系アジア現地法人の原材料の現地調達と製品の現地販売が増大する「サプライチェーンの現地化」に着目して、研究報告を行った。
日系アジア現地法人が原材料をどこから調達するのか(現地からか、日本からか、第三国からか)、製品をどこに出荷するのか(現地向けか、日本向けか、第三国向けか)は、その日系アジア現地法人の役割を反映している。たとえば、原材料をもっぱら日本から調達しているのならば、日本の分工場的な役割を有していると考えられる。また、製品をもっぱら日本向けに出荷しているのならば、日本市場への輸出拠点の役割を有していると考えられる。
最初に、統計データを整理しながら、日系多国籍企業のアジア立地展開とサプライチェーンの特徴を述べた。日系アジア現地法人の仕入高内訳データと売上高内訳データから、2000年代以降、進出国における現地調達割合も現地販売割合も増加してきたことがわかる。特に、現地調達割合については、約40%から約60%へと大幅に拡大している。
日系多国籍企業のアジア立地展開は、労働指向型よりも市場指向型になりつつあり、「市場に関する立地環境」に注目すべきであることを指摘するとともに、日系アジア現地法人の現地調達と現地販売が増大する「サプライチェーンの現地化」の背景には、アジア新興国の大都市圏における産業集積の形成があることを指摘した。
 次に、筆者のインタビュー調査にもとづいたサプライチェーンの現地化についての事例研究を紹介した。現地の市場ニーズに対応した製品開発など日系多国籍企業(家電メーカー)のアジアでの現地販売拡大への取り組みについて述べるとともに、インドネシアとベトナムにおける家電マーケット面での立地環境上の特徴を比較検討した。
また、日系物流企業のアジアにおける事業展開として、インドネシアにおける自動車部品の物流事業のケースとタイにおける食料品の物流事業のケースを述べた。前者は、現地の日系部品メーカーから完成車メーカーへとミルクラン方式でのJIT(ジャストインタイム)物流を行っている。後者は、現地の食品メーカーからコンビニや飲食店への「コールドチェーン」(低温での保管・配送)物流を行っている。
最後に、サプライチェーンの現地化に対応しながら事業展開するための日系多国籍企業の課題として、日系多国籍企業のアイデンティティと「安全・安心・信頼のバリュー」の構築について論じた。

■Promoting regional development in a world of global production networks
Henry Wai-chung Yeung(National University of Singapore)   
In its World Investment Report 2013, UNCTAD estimated that some 80 percent of international trade was now organized through global production networks (GPNs) coordinated by lead firms investing in cross-border productive assets and trading inputs and outputs with partners, suppliers, and customers worldwide. If these production networks are indeed the organizational backbone and central nervous system of today’s global economy, how does a regional economy develop and thrive by taking advantage of access to markets, technologies, knowledge, and capital embedded in these chains and networks?
I believe regional growth and development can be sustained through a process of strategic coupling that brings together key actors (e.g. firms) and institutions (e.g. state authorities) in regional economies and global lead firms in those production networks. This process of mutual complementarity can work to the benefits of both regional economies and GPNs. The former gain employment, production knowhow, and market access. The latter become more competitive through efficiency gains and technological innovation.
In East Asian regions, my research has identified three forms of such strategic coupling.
1. International partnership: In the Taipei-Hsinchu region, this articulation has taken the form of domestic Taiwanese firms serving as strategic partners of lead firms in the global information and communications technology (ICT) industry. In Singapore, global lead firms have made a direct presence through inward investment. This international partnership with global lead firms, either through transactional relationships or direct presence, brings tremendous growth dynamics and development potential to global industries in both cases: the Taipei-Hsinchu region (e.g. electronics and ICT) and Singapore (electronics, chemicals, finance, and transport and logistics).
2. Indigenous innovation: The presence of the developmental state creates the possibility of indigenous innovation through sustained national efforts in developing new products and process technologies embodied in such organizational forms as national firms (e.g. Samsung and TSMC) and strategic industries (e.g. semiconductors). These are large lead firms emerging from decades of sustained industrial policies that work in tandem with the return of technological and business elites from advanced industrialized economies (e.g. the US). Indeed, some of these national firms have become lead firms in their own global production networks, underscoring the developmental possibility of increased autonomy and capabilities in East Asian regions such as Seoul Metropolitan Area (South Korea), Taipei-Hsinchu (Taiwan), and Singapore.
3. Production platforms: Since the early 1980s, developing regions such as China’s coastal regions, Malaysia’s Penang, and Thailand’s Greater Bangkok region have been strategically coupled with the huge demand for competitive production platforms by lead firms in GPNs. As production platforms, these regions provide very competitive cost structures, abundant labour supply, stable policy environment, fiscal and other financial incentives, and so on.
In short, strategic coupling is a selective process that incorporates only certain regional and GPN actors. It is unrealistic for regional policy makers and practitioners to expect such global-regional coupling process to be always inclusive; it is even more dangerous for them to rely exclusively on such strategic coupling as the only pathway to regional upgrading and positive development outcomes. There is always a critical role for regional institutions and groups of actors to engage in joint decision and collective action to mitigate the negative consequences of such GPN coupling and to consider a more balanced and equitable form of regional development.

■討論とまとめ
討論では,主として以下の点に関して質疑が行われた。
第1に,日系企業の進出先として、アジアを一括して扱うことに対する疑問である。例えば,アセアンは関税を排して一体化した地域とみなせ,アセアン内と外とでは取引が異なる。鈴木氏は,国と地域の違いを多様な側面から検討する必要があるがデータの限界もあると回答した。
第2に,日系企業のアジア進出における現地企業との関係と,現地への貢献に関する質問がなされた。日系企業は主として富裕層を対象にしているのではとの指摘がなされた。鈴木氏は,2000年以降日系企業による現地企業への調達への依存度が高まったことを指摘した。その背景には,進出先の国からの強い要望があり,それは自動車メーカーに対して強く,電器機産業ではそれほどでもなかった。また,日系企業は現地調達の際に,地域・国を使い分けている。アジアのレンタル工場では,1次下請けのティア1だけではなく,ティア2,ティア3と呼ばれる2次、3次下請けも進出している。最後に,BOP(Bottomo/Base of Pyamid)ビジネスに携わる日系企業は少ないが,インドネシアではBOPビジネスに近いことを行っている日系企業があることを指摘した。
第3に,グローバル生産ネットワークにおける国家・地域・都市政府の役割と,多国籍企業の役割に関しての質問がなされた。Yeung氏は,経済的価値を作るのは国家・地域・都市政府ではなく企業であると回答した。しかし,グローバル生産ネットワークにおける多国籍企業の競争は複雑化しており,現在の競争は企業のネットワーク間の競争である。多国籍企業は複数の国・地域を利用して,企業内,企業間,企業外における経済的・非経済的関係の中で競争する。なお,グローバル生産ネットワークとグローバルシティネットワークとは密接に関係し,多国籍企業の本社が置かれる都市がリーダーとなり,それはしばしばグローバルシティとなる。
第4に,グローバル生産ネットワークの中で,発展途上国が内生的に発展するためのカップリングの効果に関する質問がなされた。Yeung氏は,技術と知識に対する投資などにより,国際的比較により内生的競争力を発展できることと,日本の役割を保つために,グローバル生産ネットワークにおける新たな国際分業のあり方を模索する必要があることを指摘した。
(参加者33名,司会:日野正輝・宮町良広,記録:根田克彦)


関連記事
2015.09.28  Comment:3
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。