第62回都市圏研究部会(開催日:2018年2月10日)

日 時:2018年2月10日(土)13:30~16:30(予定)

会 場:場所:草津川跡地公園de愛ひろば(区間5),にぎわい活動棟「教養室」(JR草津駅東口より徒歩8分)
天井川として知られていた草津川は2002年に廃川となり,その跡地は公園として整備されました.にぎわい活動棟はその中にあります.
http://www.seibu-la.co.jp/kusatsugawa-atochi-park/deai/

テーマ:近年における大都市圏郊外の変化

研究発表:
土地利用変化からみた住宅開発・都市構造に関する地理学的研究
・・・・熊野貴文(京都大学大学院文学研究科・日本学術振興会特別研究員)

大都市圏郊外における買い物行動の変化
・・・・稲垣稜(奈良大学)

趣旨:大都市圏郊外は,特に居住機能に特化した地域として成長し,これまでにさまざまな住宅地が開発されてきた.しかしながら,近年,住宅開発のあり方にも変化がみられるとともに,「就業・消費機能に特化した都心」と「居住機能に特化した郊外」という図式が大きく変容している.今回は,大都市圏郊外の最近の動向を,住宅開発と買い物行動を指標に考えてみたい.

※終了後,懇親会会場までミニ巡検(草津川跡地公園,草津中心市街地など)を予定しております.ぜひご参加ください.

連絡先:稲垣 稜(奈良大)E-mail: inagakir(at)daibutsu.nara-u.ac.jp
※お手数ですが(at)は@に置き換えてください.
関連記事
2017.11.25  Comment:0
Secret